アラサーなのに、恥ずかしいニキビ肌という乾燥肌の私とは真逆の悩み

こんな悩みを聞きました。
「私は20代後半ですが、肌にニキビ跡の赤みがあることと、吹き出物がよくできることが悩みです。
特に吹き出物は、大きなものができると、それが膿んでしまうことが悩みです。膿む前になんとかしようと、いつもより念入りにケアをするのですが、どうしてもひどくなってしまいます。
そして、その吹き出物が治ったとしても、それがまた跡として残ってしまうという悪循環が起こってしまいます。
皮膚科を受診しようかとも思うのですが、皮膚科が近くにないことや、診療時間と仕事の時間が合わないこと、吹き出物だけで受診するのは気が引けるなどの理由で、結局受診しないまま今に至っています。
周りの同世代の女性を見ると、みんなきれいな肌をしていて、私みたいに慢性的に吹き出物ができている人なんていません。

この歳になっても、10代の子のような肌質をしていることが恥ずかしくてなりません。
結局、今もどうやったら改善するかも分からないままなので、鏡を見るたびに溜め息が出てきます。また色々と試してみて、自分に合う方法が探せればいいなと思っています。」

乾燥肌で悩む者もいればニキビで悩む人もいる…
ある人にとっては悩みでも別のある人にとってみればうらやましいことなのかもしれません。
乾燥肌の私は、カサカサが悩みでしたが、ニキビ肌の友達に、肌に油がなくてニキビができないのがうらやましいといわれたことを思い出しました。

ニキビの治し方を完全公開~美肌を取り戻す方法