グルテンフリーダイエット、小麦粉を除いた食生活。

西欧では流行していますが、日本ではまだまだ認知度が低いと思います。
もともとはセリアック病という小麦粉が消化できない体質・病気の方用に作られたグルテンフリー食品ですが、現在は美容や健康、そしてダイエットにいいというので、セリアック病以外の方でも小麦粉抜き食を試す方がいます。
私自身も基本小麦粉は食べないほうが良いという体質です。
私の場合ですが、小麦粉を辞めたら、まず排便が変わりました。
コロコロうんちが、一本のすっとした便に変わり、ひどい便秘が解消されました。
指に出来たアトピーも、小麦粉を止めると止まります。
もう1点追記したいのは、小麦粉食には油や砂糖などの付け合わせが多いことです。
通常、パンを食べればバターかジャム、また他の油分の高いものか甘いスプレッドを塗ることが多いです。
そして概ねミルクを入れたコーヒーや紅茶に砂糖がセットになりますよね。うどんはまだ良いのですが、ラーメンやスパゲッティなどのその他麺類は、動物性の脂や、植物性油で調理したものが多いです。
お菓子なども、小麦粉と砂糖で出来ているものが多数を占めます。私はグルテンフリーダイエットに転換してから、外食も選ぶようになりましたし、パンやお菓子が食べられないと、手軽におやつを買うのも簡単ではありません。
結論として、食生活が正され、アトピーも良くなって、体重も減り、グルテンを抜く以前より健康的な生活をしています。